幼少の頃より、絵を描くのが好きだった私は、

小学生時代、周りの子供たちは「ファミコン」でゲームに夢中になっている中、

当時、マイナー級であった「MSX」というPCを貯めたお年玉で購入し、

いまでいうところのコンピュータグラフィックス(CG)の作成に夢中になっておりました。

 

まあ、当時の「MSX」で作成できるものは「BESIC」というプログラムを使い、

「ドット絵」と呼ばれるような点や線で作るようなもので、

ひたすら「手打ち」で座標軸を気にして、かなり時間をかけて作った事を記憶しております。

まあ、いまのCG関連のアプリでは考えられないほど、レトロなものでした(苦笑)

 

結局、事情があり、その道には進まなかったのですが、

いまでもフォトショやイラレなどは、素人レベルながらも活用しております。

いやー、本当に便利になったものですね~♪

 

しかしながら、CGの技術の進歩というのは本当に凄いと思います。

何しろ、映像の中の人間が本物なのかCGなのか、

見分けが使いないほどのレベルになってきているんですよね。

 

例えば、こんな動画をご存知でしょうか?

 

出典 YouTube

 

こちらの動画に映し出されているのは、往年の名女優「オードリー・ヘップバーン」です。

この動画は「Galaxy」という海外のチョコメーカーのCMでして、

時間にして1分間ほどのショートムービーです。

 

やはり素敵な女優さんですよね~。

凛とした姿勢で、軽やかなステップ、そして爽やかな笑顔に癒されます。

 

しかしながら、過去の映画には、このようなシーンは存在しておりません。

 

そう、合成ではないのです。

 

どういう事なのかというと、

この動画に登場している「オードリー・ヘップバーン」は、

なんと「フルCG」で制作されたものなのです。

 

つまりは、本人は一切キャスティングされていないんです。

これは、すごいですよね~。

 

このCMに登場する「オードリー・ヘップバーン」は「フルCG」ですが、

あくまでも”存在した人物”を元に作られております。

 

そう”存在”していたんですよ。

 

しかし、ここまでリアルにCGで人物を描くことができるようになっているという事は・・・

もう、何が言いたいか、お分かりになるかと思います。

 

そうです、”存在しない”CGだけの「人物」が登場してきていても不思議ではない・・・

そう、考えてしまうのは当然の事だと思います。

 

実は、もう既にそのようなところまでCG技術はきているんです。

こちらをご覧ください。

 

kontake_160909saya01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの女子高生ですが、なかなか可愛らしい、

いまどきな感じの女子高生ですよね。

しかし、実は”存在しておりません”。

 

3DCGで作られたバーチャルな女子高生なんです。

名前は「Saya」と名づけられおります。

詳しい記事がこちらに掲載されております。

 

実写にしか見えない3DCG美少女「Saya」が進化 「不気味の谷」を完全に打ち破る

どこかで見たことある気がする、非実在美少女。

ねとらぼ 2016年09月09日 18時20分

(以下転載)

 

2015年10月にTwitterで公開され「実写に見える」と話題になった3DCG美少女「Saya」(関連記事)の、2016年版が公開されました。さらにリアルになり、なんだかどこかでお会いしたことがあるような気さえします。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-11-35-30

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-14-17-49こう見えても3DCGです

作成したのは、夫婦でCGを作成されている@mojeyukaさん。前回の発表後から届いたいろいろな反応を参考に、コツコツと改良を重ねてきました。「Saya」はムービーのために作成されたキャラクターで、動かすことも出来ます。既に動きのシステムも稼働しており、秋の展示会へのお披露目に向けて制作中とのこと。今後詳細なアナウンスがあるそうです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-11-35-47

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-11-35-57

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-11-36-05

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-14-18-07並べて比較。すごい進化

 

これを見たユーザーからは、「もう実際の人にしか見えない」「写真にしか見えない」「これ3DCGなんですか?」「めっちゃリアル」「もう、存在してる感じがある」といった声が寄せられていました。早く動いているところが見てみたいですね。

画像提供:@mojeyukaさん

(以上、転載終了)

 

いやー、もう本物にしかみえませんね~。

動いているところをみてみたいものです。

今秋には公開予定との事ですので、楽しみです。

 

それにしても、ここまできてしまうと、映像の中では、

本物の人間なのか、バーチャルなのか、判別がつかなくなってしまいますね。

 

実は、皆さんがよくテレビでご存知のアイドルや俳優の中に、既にバーチャルな人物が・・・。

・・・なんて、そんなことは”まだ”無いと思いますが、

この先、近未来、現実になってしまうかもしれませんね。

 

テレビに映るバーチャルなアイドルや俳優のファンになる、

なんて日が来るかもしれません。

ではでは。