この数日間、東北でオーロラらしきものが目撃され話題となっておりました。
このオーロラについては、当ブログでも取り上げ、ご紹介をさせていただいておりました。

日本でオーロラが目撃されるという違和感を感じつつ、ある特別な施設の事を思い出しておりました。

そう、米国のアラスカに存在している「HAARP(ハープ)」です。

HAARP

この「HAARP」については、当ブログの読者の皆様であれば大方の方はご存知かと思いますが、今一度、「HAARP」について、ご説明したいと思います。

HAARPとは
43235afesaz.jpg

高周波活性オーロラ調査プログラム(こうしゅうはかっせいオーロラちょうさプログラム、英: High Frequency Active Auroral Research Program、略称:HAARP、ハープ)とは、アメリカ合衆国で行われている高層大気と太陽地球系物理学、電波科学に関するの共同研究プロジェクトである。

アメリカ空軍、アメリカ海軍、国防高等研究計画局 (DARPA)、アラスカ大学などの共同研究であり、HAARPによれば、研究の目的は地球の電離層と地球近傍の宇宙環境で発生する自然現象を探求し、理解することにある。「電離層ヒーター」ともいわれている送信施設は、アラスカ州・ランゲル・セントイライアス国立公園の西にあるOTHレーダーの跡地に建設され、1980年代の終わりから建設が始まり、2005年の終わり頃に完成したとされる。HAARP研究施設の建設には、2億9000万ドルもの投資が成された。
プロジェクトにはアラスカ大学をはじめとして、スタンフォード大学、ペンシルベニア州立大学 (ARL)、ボストン大学、カリフォルニア大学ロサンゼルス校 (UCLA) など14以上のアメリカ国内の大学が関わっており、日本の東京大学も誘導磁力計 (induction magnetometer) を提供している。
2014年5月、アメリカ空軍は、老朽化したアラスカのHAARP研究施設を閉鎖(廃止)する事を発表した。(Wikipediaより)

上記の説明とは異なり、トンデモな話に捉えられがちで、ある種の拒否反応が人によってはあるようですが、東日本大震災は「地震兵器」により人為的発生した大地震であるという説が、いまも一部の人の間では根強く存在しており、その「地震兵器」として登場するのが「HAARP」なのです。

実は、この「HAARP」は電離層を活発化させる能力があるのですが、3.11の数日前より、東北上空の赤外線量、電離層の電子量が増大していたいた事が明らかにされています。しかもこの情報の出所はNASAのゴダード宇宙センターです。これは何かがあると勘ぐりたくなりますよね。

そもそも「トモダチ作戦」なのものが、震災2日後に開始できるというのは、ちょっとオカシイとも思えます。なぜなら、米国海軍の空母をはじめとするおおよそ20隻の艦船が三陸沖に集結したらしいのですが、そもそもこの艦船の所属は、バラバラだったという事です。しかも船って、そんなに海上を高速に動けましたっけ?つまりは、なぜ、震災後の2日後に三陸沖に集結できたのか、それは、直前に日本の近くに艦船が集結していたという事になりませんでしょうか?ということは、「トモダチ作戦」は震災前から既にはじまっていたということになるのでは?

と、話が完全に横道に逸れてしまいました(苦笑)

実は8月中旬頃より、地磁気に反応が出ているという話があり、もしかすると、その影響で東北地方でオーロラらしきものが目撃された可能性があるようです。

ちなみに現在の地磁気の様子です。

345267.png
http://www.irf.se/Observatory/?link[Magnetometers]=Data/mag.html

あれ、反応が出ていますね。これは嫌な感じがします。
うーん、ちょっと注意が必要かもしれません。

この「HAARP」について、もうひとつ、米軍にとって、とても重要な役割があることをご存知でしょうか?

それには「TR3-B」という兵器を知る必要があります。
先ずは、こちらの動画をご覧ください。

「YouTube」

この動画に登場しているUFOが「TR3-B」という米軍極秘の新型兵器といわれています。正式名称「アストラTR3-Bトライアングル」です。

f12395f2-s.jpg

この新型兵器、実はあの「ロズウェル事件」で墜落したUFOをベースに作られているといわれています。

そして、この新型兵器には、ある特別な武装が施されているのです。
それは「電磁レーザーキャノン」といわている特殊な兵器です。

動画をみていただくと分かるのですが、一瞬、何かが光ったようにみえると思います。
それが、発射をした瞬間を捉えたものなのです。

この「電磁レーザーキャノン」ですが、その威力についてご説明すると、街を一瞬にして壊滅する力を持っているといわれています。巨大な電圧を一気に放出し、街を巨大な電子レンジに入れたかのような状態をつくり出すことができるようなのです。

22145.jpg

しかし、この「TR3-B」は、そこまで大きな機体ではなく、そこまでの電力を搭載する事はできないようにみえます。
しかし、「TR3-B」は空中で電気を受け取れるシステムがあり、その供給元として、「HAARP」が存在しているという構図が浮かび上がります。

「HAARP」が電離層に放出した大出力の高周波を、電気エネルギーとして「TR3-B」が受け取るという、まさに、空中給油のような事が可能なシステムが出来上がっているのです。

knowing7.jpg

私たちの知らないところで、何やら、怪しげな計画が進行している、
のかもしれません・・・。