突然ですが、あなたは霊感があるほうですか?

「うーん、あるほうかもしれんなぁ」
「霊感かどうかは分からんが、カンはいいほうだと思うなぁ」
「幽体離脱をしたことはあるよ」

こんな感じでお応えいただいた方たちが多いのですが、
それは、どんな方たちだと思いますか?

実は会社の経営者の方々なんです。

|みえないものを信じている経営者は多い

たまたまなのかもしれません。
あまり無責任な事は言えないのも事実ですが、
私の周りの経営者の方々は、冒頭の質問をすると、
たいがい「あるほう」だとお応えになります。

経営者の資質と霊感って関係あるの?

と、不思議に思われるかもしれませんが、
なぜだか、霊感、特にカンがよい方が多いのはホントのところです。

これには、訳がありまして、
よくよく話を聞いてみますと、経営者の方ほど、
「みえないもの」の力を信じているということが分かりました。

|「みえないもの」とは?

では、「みえないもの」とは何か?

一言でいってしまえば、それは「運」です。

なんだ~、
なにかと思えば「運」なのかぁ(笑)

と、そんな風に思われるかもしれませんが、
大経営者といわれている方ほど、
この「運」重要視されているのです。

|成功するかどうかは90%が運

例えば、日本を代表する経営者のひとりである、
現パナソニック社を一代で築き上げた故松下幸之助氏は、
次のように語っています。

ところで、フッと、いま思ったんやけどな、今日までの自分を考えてみると、やはり、90パーセントが運命やな。しみじみ運命やと思うな。

日本人として生まれたのも、この時代に生まれたのも、わしの意思ではない、たまたま偶然に、この国に、この時代に生まれてきた。生まれた家も、環境も、いわば運命や。わしが決めたものではない。

この仕事をやるにしても、わしがもし大阪でない別のところにいたらどうであったか。電車を見ることもなかったら、電気の仕事をやろうと、ひらめくこともなかったやろうな。たまたま大阪の街に出ておった。特にとりたてて力のない平凡なわしが、一応仕事だけでも成功したということを思えば、なおさらのことや。

そういうことを考えてみると、人間はほとんどが運命やとつくづく感じるな。そういう運命に、わしは心から感謝をしておるよ。ありがたいことだと。

われわれは自然の理法の研究と人間の本質の研究をもっとやらんといかんね
(写真:東洋経済写真部)


東洋経済ONLINE
「松下幸之助「成功するかどうかは90%が運」
より一部抜粋し転載

経営の神様と称された松下幸之助氏が、
「成功するかどうかは90%が運」と語られていることに
とても興味が沸きます。

実は、松下幸之助氏が、この「運」というものを重要視していた逸話があるのです。

|あなたは運がいいですか?

人材採用の際、面接に必ず立ち会っていたという松下幸之助氏は、
面接の最後に必ず「ある」質問をされていたそうです。

その質問とはこちらです。

「あなたは運がいいですか?」

この質問を必ず最後にされていたそうです。

そして、もし相手が仮に「運が悪いほうです」と答えた場合、
その人物が、すごい「学歴」や「有資格者」で「面接評価」が「良かった」としても、
採用は決してしなかったそうなのです。

それほどに、「運」というものを重要視していた、
ということなんですね。

つまりは、「みえないもの」を信じていた、
ということなんです。

あなたも仕事運をアップする為に、
「みえないもの」を信じてみてはいかがでしょうか?