以前にもご紹介していた事がありましたが、
改めて、「お手軽な浄化の方法」をシリーズとして
ご紹介させていただきます。

きっかけは、友人の一言でした。

「最近、なんだかツイてなくて・・・。」
「それと疲れやすいんだよね・・・。」
「あとは、なんだか眠れないし・・・よく金縛りに遭う・・・。」

そう言われていたので、本人に承諾のもと、視たのですが
やはり「憑いていました」

え?何が?

って、言われる方も多いかもしれませんね。

アレですよ、アレ(笑)
憑いては困るものです。

所謂「モノノケ」という類のものです。
人によっては「悪霊」とかいわれるものです。
まあ、今回の友人の場合は「浮遊霊」と呼ばれるような
それほど、悪意があるものではなかったのですが。

詳しい話は、友人のプライバシーに関わるので割愛しますが、
どうやら問題は最近引っ越した部屋にあるようだったんですね。


※画像はイメージです

そこで、友人に試してもらったのが、今回、ご紹介する方法です。

もし、あなたが友人と同じような悩みを抱えられているようでしたら必見です!
簡単にお部屋を浄化できるんですっ!

・・・って、そんなテンションでやらなくても大丈夫なので(笑)

先ず、ご用意いただきたいのは「カメラのフラッシュ」です。

えっ?
そんなものは持っていない?

では、デジカメは?
えっ?
デジカメもない?

う~ん・・・。

・・・なんて、大丈夫です。
ほとんどの方が持っている「あるモノ」で代用ができます。

それは、「携帯電話」「スマホ」です!

いまや、カメラやデジカメに代わり、携帯電話やスマホで写真を撮る方が殆どかと思います。

スポンサードリンク

陰と陽の関係と同じなのですが、陰と陽は同時に存在する事はできないという原理と一緒です。
陰は決して悪いものではないのですが、今回は「闇」として出てきてしまっているようです。

つまりは、フラッシュの「光」の力を使って、部屋の邪気である「闇」を消し去るという方法なのです。

フラッシュの「光」は、ピカッと光り、目を開けていられないくらいに眩しい強烈な「光」です。
このピカッとする強烈な「光」には、邪気やマイナスな気、つまりは「闇」を追い払う力があるのです。

やり方は、とても簡単です〜♪

部屋の気になる場所に向けて、フラッシュを光らすのです。

この方法を友人たちは「ピカテル法」と呼んでいます(笑)
まあ、その通りなんですが、このネーミングのセンス、
なんとかならんかな・・・(苦笑)

あ、なにかよいネーミングがあったら教えてください!

何度でも気が済むまで行ってください。
この強烈な「光」に「闇」はひとたまりもありません。

いかがでしょうか?
部屋の印象が変わったように感じませんか?

この強烈な「光」は、部屋の霊的なエネルギーを浄化し、
部屋のエネルギーを向上させる作用があります。

最近なんだか調子が悪い方、先ずは、だまされたと思って
実行してみてください。

あ、ちなみに、カメラで撮影しないとフラッシュが光らないという方は、
撮影した画像の消去もお忘れずに。
これ、結構、大事な事です。

それでは、また次回、他の方法もご紹介してまいります。
ではでは。