Trick or Treat! もうすぐ10月31日ですね。

 

この日が何の日か、もう既にお分かりになっているかと思います。

もうすっかり日本でもなじみ深いものになった「ハロウィン」です。

 

46c4546c57296d468386fe299fd469e4_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここ数年で異様なほどの盛り上がりをみせている「ハロウィン」ですが、

その盛り上がりの一方で「ハロウィン」の本当の意味をご存知でしょうか?

 

そもそも「ハロウィン」の起源ですが、

もともとは古代ケルト人の秋の収穫感謝祭だったようです。

 

古代ケルトでは、1年間は11月1日~10月31日までとされ、

大晦日にあたる10月31日は日本でいう「お盆」のようなものだったようです。

 

この日は「あの世とこの世」を隔てている「門」が開き、

霊が行き来できるようになると信じられておりました。

 

あの世から死んだ人の霊が家族の元へ帰ってくるのですが、

さらに悪霊たちもやってきて、あちこちをさまようといわれております。

 

その為に、この悪霊たちを追い払う一連の儀式として、

「悪霊に扮した」子供たちに家々の玄関先で「Trick or Treat」と言ってもらい、

家人は悪霊たちに”おもてなし”をすることで立ち去ってもらっていたのです。

 

85615b796495c688bd14223c8070bdb6_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この「Trick or Treat」とは、

「もてなしなさい。さもないと困らせる事をするぞ。」

という悪霊たちが発する言葉なのです。

 

「悪霊たち」は”仲間”が既にその家を訪れていた場合、

その家に訪問するのを避けると伝えられていたようです。

 

つまりは「悪霊に扮した」子供「悪霊たち」が来る前に、

先に家に来てもらって「悪霊たち」を騙していたという事なんです。

 

1e1413cab821897de4079ad0001cb6bb_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここでひとつ疑問が浮かび上がるかと思います。

 

「子供たちが仮装して、悪霊に扮するのは分かったけど  

なんで大人まで仮装するの?」

 

そう思われるのはもっともですね。

 

その意味合いとしては、この日に悪霊たちがやって来ているので、

その悪霊たちに気づかれないようにする為です。

(まあ、あくまでも家の外での話ですが)

 

まあ、ここは「お祭り」として、仮装してみるのもよいかと思います。

「お祭り」参加することは、そのまま「開運」に繋がりますので。

 

fb3c0a9c5670c50833953a1606c96a7b_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに「ハロウィン」の語源ですが、

翌日の11月1日が「万聖節」と呼ばれるカトリック聖人の日で、

英語では「All-hallow」で、その前夜に行われるお祭りなので「All-hallow-even」、

これだと長いので、短縮して「Halloween」と呼ばれるようになったそうです。

 

長くなってしまいましたが「ハロウィン」とは、

 

(1)秋の収穫を祝い

(2)ご先祖様の霊をお迎えする

(3)悪霊たちを追い払う

 

という儀式なんです。

 

無事にご先祖様の霊を家に迎い入れてお祝いし、

次の年もご先祖様にお守りいただくという「開運の日」なんです。

 

西洋に伝わる儀式の日ではありますが、

古代ケルト人の智慧と考え、「ご先祖様に感謝」する日として

活かしてみてはいかがでしょうか?
139a4b886cd4531da543c51fa8fc0367_s

 

 

 

 

 

 

 
それでは、素敵な「ハロウィン」をお迎えくださ~い。

 



パーティーコスチューム&グッズ