今日、打ち合わせでお会いした方なのですが、

背筋がピンッとしている感じで、とても素敵でした〜。

 

※イメージです

 

やはり背筋がピンッとしていて、姿勢がよい人は、

男女問わず、素敵な方が多いと思います。

 

もう、それだけで「いい人」と思えてしまいますね。

きっと「運がよい人」なんだろうなぁ、と感じました。

 

実は、この「姿勢」「運」とは関係性があるのです。

 

以前、「運がいい人の4つの共通点」という内容をご紹介いたしましたが、

この「姿勢がよい」というのも共通している点だと気がつきました。

 

「あの人、運がいいよねー」という人を思い浮かべてみますと、

ほとんどの方が「姿勢」よかったのです。

 

これ、何かというと「運気」の取り込み方の違いなんです。

 

「運気」とは「気を運ぶ」と書きます。

この「気」というものが、とても大事なのです。

 

では「気」とは何なのしょうか?

それは、もともと私たちに備わっている魂のエネルギーです。

 

 

なので「元気」という漢字は「元の気」と書くのです。

 

「元気がない」というのは、

「元の気」減っている、つまりは魂のエネルギーが弱くなっている

という事なのです。

 

つまりは、この「気」をうまく取り込めば、

「運気は上昇」することになります。

 

その鍵のひとつとなるのが「姿勢」なのです。

 

 

「姿勢がよい」「気」の流れがスムーズになります。

 

つまりは「よい気」が取り込みしやすい状態となり、

自然と「よい気」が流れ込んでくるので、運気が上昇する

と、いうことに繋がっていくのです。

 

では、具体的に「よい姿勢」とはどのような「姿勢」なのか?

気になりますよね〜?

 

これについては、私も気になりました。

 

そこで、私の「気」の師匠に聞いてみたところ、

ちょうど「正座」をしたときに背筋がピンッとなる状態とのことです。

 

n784_kakejikunomaedeseizasurumiboujin-1024x683

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うーん、なるほど「正座」ですかぁ。

確かに「正座」をすると「姿勢がよく」なりますね。

 

ちなみに、瞑想をするときの姿勢でオススメなのは

この「正座」だそうです。

 

ちょっと私も試してみようかと思います。

しかし、足がすぐにシビレそうですが…(苦笑)。

 

ご参考までに〜。