さてさて、本日は2月4日、「立春」ですね~。

立春とは、一年間を24に分けたときの二十四節気の第一に当たります。

この二十四節気太陽の角度(太陽黄経)によって決められており、
太陽黄経が315度のときが立春とされています。

今年2018年は、2月4日午前6時28分が立春となります。
詳しくは、こちらをご覧ください。

平成30年(2018) 暦要項

立春は、暦の上では春が始まる日とされているのをご存知の方も多いと思いますが、
実は気運の正月でもあります。

これまでの運の流れが変わる季節の境目、節目(ふしめ)の日とされています。
つまりは、運の季節が変わるという事です。

ただ、この日を境にして、ガラッと運の季節が変わってしまうかというと
そういう事でもなく、季節と同じで実際には立春前から徐々に変わっていき、
立春を過ぎたら、更に変わっていくという感じです。

なので、勘がよい方ですと、なんとなく今年はどのような年になるのかを
感じ取られている、なんてこともあるのではないでしょうか。

さて、この立春という気運の正月に行うと良いとされる、
運気向上の秘策があります。

それは、紙に【立春大吉】と願いを込めて書いて、
家の中心の方向に表面(おもてめん)が向くような位置の壁に貼ることです。

以前にも、ご紹介した事がある方法ですが、
簡単なので、ぜひ試してみてください。

スポンサードリンク
 

|「立春大吉」で運気アップする

1.紙を1枚と黒マジック(または筆ペン)を用意します。
紙のサイズは、なんでもOKですが、私はA4サイズを用意しました。

2.この用紙に「立春大吉」という字を左右対称になるように大きく書きます。
慎重に、丁寧に、心を込めて書いてください。

3.この紙を家の中心に向くように壁などに貼ってください
ご自分がよいと思えるところで構いません。

スポンサードリンク
 

今年2018年の立春は、2月4日午前6時28分なので、
ここから24時間が立春となります。
(2月5日午前6時27分までですね)

この24時間以内「立春大吉」の作法を行ってみてください。

きっと、運気が向上するはずです!
ぜひ、お試しください。

ではでは。