梅雨入りしましたね。
湿度が高く、ジメジメした季節がやってきました。
さて、そんなジメジメとした感じを吹き飛ばすような、
爽快になるようなお話をシェアさせていただこうかと思います。

このお話は、インドに伝わる寓話です。

昔、ある王さまが自分の後継者を選ぶために、3人の王子たちを呼んでこう言いつけました。
「おまえたちの宮殿を1週間以内に何かでいっぱいにしてみよ。ただし、使える費用はコイン1枚だけだ」
3人の王子たちは、その無理難題に頭を抱えました。3人とも大きい宮殿に住んでいましたし、コイン1枚では買えるものも限られています。いったいどんなもので大きな宮殿を埋め尽くせばいいのか。
さて、王子たちはどんな策をとったでしょう。

1週間後、王が王子たちの宮殿を検分する日がやってきました。

一番目の王子は、コインで安いワラを買い集めて、宮殿に運び入れていました。
でも、ワラは広い宮殿の3分の2までしか埋まっていません。
これでは条件をクリアしたことになりません。
王は不満顔で次の王子の宮殿に向かいました。

二番目の王子は、なんと町中のゴミをかき集めて、ゴミで宮殿をいっぱいにしていました。
ゴミなら費用もかかりませんし、いくらでも集められると考えたわけです。
しかし、いくら条件を満たしたとはいえ、せっかくのきらびやかな宮殿を汚いゴミの山にするとは言語道断。
王はあまりの強烈なにおいに眉をひそめ、ますます不機嫌になって宮殿を後にしました。

三番目のいちばん若い王子がやったことはちょっと変わっていました。
宮殿にモノを運び込むのではなく、宮殿からありとあらゆるものを運び出し、宮殿内の壁や床をピカピカに磨き上げていたのです。
王は夜になって、三番目の王子の宮殿を訪れました。
広く静まり返った部屋のなかには何ひとつモノがなく、ただ、それぞれの部屋や廊下の燭台(しょくだい)に火がともされ、その光がピカピカの壁や床を照らして神秘的な輝きを放っていました。

2010062422295564c
王は王子に言いました。
「なんという荘厳な美しさだろう。だが王子よ、予は何かで宮殿をいっぱいにせよと申しつけたはずだ。その約束はいったいどうなったのじゃ」
王子は微笑みながら答えました。

「いえ、王さま、宮殿内はどこもかしこも灯りで照らし出されています。私は光で宮殿をいっぱいにしたのです」

その答えに王は満足し、この三番目の王子を後継者に決めたということです。

出典元:大富豪インド人のビリオネア思考/サチン・チョードリー著



三番目の王子の答えは、なんとも素敵なものです。
「常識にとらわれない発想」というのは、ときに難題をも解決する「知恵」となるのですね。

ちなみに、この話はインドに古くから伝わる成功法則「ジュガール」をあらわした代表的な寓話との事です。

これからの時代、三番目の王子のような「常識にとらわれない発想」が必要になっていくのだと思います。