私が毎日よく使う言葉であり、大好きな言葉があります。

それは「ありがとう」という言葉です。

以前、当ブログで「ありがとう」という言葉の
”3つの意味”と”使いかた”についてご紹介した事があります。
※よろしければ、こちらをご覧ください

「ありがとう」という言葉は、本当に有難い言葉だと感じます。

そして、この「ありがとう」という言葉には、
もう一つ、素晴らしい使いかたがあるのです。

まず、自分に対して、このように質問してみてください。

自分が人からよく「ありがとう」と言われる事がなんだろう?

日常生活の中で、周りの人から「~してくれて、ありがとう」と言われる事があると思います。
この周りの人から言われる「ありがとう」の中に、自身の「才能」ヒントとなるものをみつける事ができるのです。

「相談にのってくれて、ありがとう」
「あの人を紹介してくれて、ありがとう」
「気がついてくれて、ありがとう」
「褒めてくれて、ありがとう」
「一緒にいてくれて、ありがとう」

たくさんの「ありがとう」を言われていると思います。

そして、ほとんどの場合、自身では相手に何をして「ありがとう」と言われたのか、すぐに忘れてしまうのではないでしょうか?
例えば「あの時は、ありがとう」と相手から言われた場合は「なんだっけかな?」と、相手に何をしたのか覚えていないという事が不思議と多いのでは?

それには理由があって、相手に「ありがとう」と言ってもらいたくてやった事ではなく、普段から”無意識”できている事だからなんです。
実は、そこに自分の「才能」ヒントが隠されているのです。

c01_2e0768ab-d7dc-4e53-a4b9-ebbe8ca229d5_5.jpg

そう、本物「才能」とは、自身が普段から”無意識”にできていて相手に”特別に感じてもらえている””感謝されている”ことの中にあるのだと思います。

自分で自分の事は、意外とわかっていない事が多いものです。

試しに、相手に「ありがとう」と言われる事、つまりは感謝される事ってなんだろう?

と、自分に質問してみては、いかがでしょうか?
きっとヒントがみつかると思います。

o0400040013040039995.jpg

そのヒントは、貴方の「才能」開花させ、貴方を光り輝かせる”きっかけ”になるはずです。