以前、私の実家では犬を飼っておりました。

もう既に、亡くなっておりますが、
命の大切さ、儚さを教えてくれた大切な友人でした。

そんな関係もあり、私は犬には特別な想いがあります。

最近、知ったのですが、
「犬と私の十戒」というものをご存知でしょうか?

知り合いの犬好きな方から教えていただいたのですが、
読んでみたら、泣いてしまいました・・・。

とてもいい内容なので、ご紹介させていただきます。

あ、ワンちゃん好きな方や飼われている方は、
ハンカチをご用意の上、読んでくださいね。(経験者は語る)

犬と私の十戒

飼い主として私が誓った言葉

犬を飼う時に読んでおきたい「犬の十戒」をご存知ですか?
犬を飼うということはどういう事なのか?が犬からのメッセージとして綴られています。
世界中で広く読まれている作者不明の詩ですが、
今回はその犬の十戒に、飼い主としての答えを綴ります。

犬の十戒へのANSWER(日本語訳)

1.(犬)私の一生はだいたい10年から15年です。
あなたと離れるのが一番つらいことです。
どうか、私と暮らす前にそのことを覚えておいて欲しい。

(A)きみの寿命のことをしっかりと理解しています
今きみを抱きながら[最後の時]を想像するだけで、喉の奥が痛くなって、
胸が締め付けられて、涙が溢れてしまいます。
でもきみの寿命は私よりもはるかに短いことを理解して、
きみにしてあげられる全ての事をします。
そして、何があってもきみの最期の「一呼吸」を見届けるまで必ずそばにいます。

2、(犬)あなたが私に何を求めているのか、
私がそれを理解するまで待って欲しい。

(A)きみと私には共通の言葉がありません
きみが私に望むことを早く理解できるように、私はきみにたくさんの合図を教えます。
どんなに時間がかかっても、きみと私、意思の疎通ができるまで私は苛立たず、
きみのペースとタイミングを待ちます。
きみの個性を愛し、きみの性格を理解し、きみの行動をサポートします。
そしてきみの全てを受け入れます。

3、(犬)私を信頼して欲しい、それが私の幸せなのだから。

(A)私はどんな事があってもきみを心から信頼します
きみが私からの信頼を得るよう頑張ること、私からの信頼で大きな幸福を
感じる事を深く理解しています。
きみは私にとって最も信頼できるパートナーになります。
私はきみのパートナーとして恥ずかしくない人間でいます。
きみを守るためにも社会のルールを守ります。

4、(犬)私を長い間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで欲しい。
あなたには他にやる事があって、楽しみがあって、友達もいるかもしれない。
でも、私にはあなたしかいません。

(A)きみの全てになります
私はきみの親友です。
私はきみの両親です。
私はきみのリーダーです。
私はきみのファンです。
私はきみの雇い主です。
私はきみのきょうだいです。
私はきみの恋人です。
私はきみのフードコーディネーターです。

きみにしか出来ない仕事を与えます。
きみの楽しみを一緒にみつけ、一緒に楽しみます。
いつも君の事を中心に考え、私との生活がきみの全ての世界である事を理解しています。
だから、ひどく叱ったり、厳しい罰をあたえたり、閉じ込めたりしません。
問題が発生した時はきみと一緒に解決していきます。
絶対にきみを一人ぼっちにしません。


5、(犬)たくさん話しかけてください。
言葉は分からなくても、あなたの声は届いています。

(A)きみが私の言うことを心で理解していること知っています
私たちは心で会話をします。
きみの瞳をみつめ、私はたくさんの事をきみに話します。
友達や家族に言えない事もすべてきみに話しますので、絶対に秘密を守って下さいね。
私ときみだけの特別な約束です。
きみの思っている事、望みをいつも知りたいという気持ちを無くしません。
だからきみもたくさん話しかけてください。

6、(犬)あなたがどのように私を扱ったか、
私はそれを決して忘れない。

(A)きみの記憶が色褪せないことを理解しています
私がきみを抱きしめたこと、撫でたこと、話しかけたこと、一緒に遊んだこと、
出かけた風景のこといつまでも憶えていてくれていますね。
もし私がきみに酷い仕打ちをしたり、きみの存在をないがしろにする事があれば、
きみは決して忘れることはないでしょう。
きみがいつ思い出しても、私ときみの笑顔が溢れているいるよう
一緒にたくさん幸せの思い出をつくりましょう。

7、(犬)私を殴ったり、いじめたりする前に覚えておいて欲しい。
私は鋭い歯であなたを傷つけることができるにもかかわらず、
あなたを傷つけないと決めていることを。

(A)私は怒りや苛立ちに任せてきみを叩きません
きみは私を傷付けないことを決めていることをしっています。
きみが私の手の骨など簡単に噛み砕ける歯と、強い顎を持っていることを知っています。
きみが私を傷付けないのだから私もきみを絶対に傷付けません。
きみがもし悪いことをしたとすれば、それはきっときみに寂しいおもいをさせた私の責任です。
思わず大きな声で「こらー!」と言ってしまう事は許して下さい。
そのあと深く反省し必ず仲直りします。
そして反省してもきっと何度も繰り返します。
でも怒ってはいないのです。
悪戯をしたきみを、パートナーとして叱らなければなりませんが、
心の中ではどんなきみも愛おしくて仕方ないのです。
あっと驚く様な悪戯をされた時は私の心の中で親指を立てて笑っているでしょう。

8、(犬)私が何かで苦しんでいないか考えて欲しい。
私が言うことを聞かないだとか、頑固だとか、怠けているからといって叱る前に、
私が何かで苦しんでいないか考えて欲しい。
もしかしたら、食事に問題があるかもしれないし、長い間日に照らされているかもしれない。
体が老いて、弱ってきているのかもしれないと。

(A)私はきみのことをいつもよく観察します
きみが健康でいるか、ご飯をちゃんと食べているか、
元気があるか、遊びすぎて疲れていないか、寂しい思いをしていないか、
身体に痛い所がないか、老いとともに弱っているところはないか、病気が隠れていないか、
私はいつもきみのことを見ています。
少しオーバーで心配性で、きみが小さな怪我をしたりちょっと風邪をひいただけでも、
きみを失うのではないかと恐怖を感じて泣いてしまいます。
情けないパートナーだけど、きみを守ることに必死なのです。
その為に私たちをサポートしてくれる医者が必要です。
だから私を信じて医者に行くことを嫌がらないでください。

9、(犬)私が年を取っても、私の世話をして欲しい。
あなたもまた同じように年を取るのだから。

(A)私はきみがどんな姿になってもかわらずに
きみのために動きます

年老いて歩けなくなっても、一緒に遊べなくなっても、
きみがしてほしいことを見つけてどんな事でもします。
きみのために学び続けます。
きみのために何かできる事が私にとって大きな喜びなのです。
だから私は自分の健康管理もしっかりします。
きみのために美味しいごはんを買えるよう、一生懸命働きます。

10、(犬)最後のその時まで一緒にいて欲しい。
言わないで欲しい、「もう見てはいられない。」、「居た堪れない。」などと。
あなたが隣にいてくれることが私を幸せにするのだから。
忘れないで下さい、私はあなたを愛しています。

(A)最期のお別れの時には、きみのそばにいます
「仕事」も「遊び」もぜんぶキャンセルします。
きみが頑張って生きたいと言うなら私はきみを励まします。
きみがもう楽になりたいというなら、私がきみの最期の時を決断します。
きみにとって一番良い最期の時の迎え方をきみと一緒に決めます。
だから絶対にそばにいます。

だから、お願いです少しずつ別れる準備をさせてください。

たくさんきみの世話をさせてください。
たくさんきみに話しかけさせて下さい。
できるなら少しずつ年をとってください。
きみが私を 深く 深く 愛してくれていることを誇りに思っています。

きみが旅立ったあと、私はきっと抜け殻のようになるでしょう。
きみとの思い出が毎日よみがえり泣いて暮らすでしょう。
でも私を愛しているきみが、私が毎日泣いて暮らしていることを心配することを知っています。
私がきみたち犬という動物を心から愛している事もきみは分かっているでしょう。
きみは私に次のパートナーを迎えてほしいと思うことも知っています。
だから私はきみに教えてもらった事を胸に、犬という素晴らしいパートナーを迎えます。
でも、きみの代わりはいません。
これから創るきみと私の思い出は私たちだけの宝物です。
忘れないでください。

私がきみを愛していることを。
いつまでも
いつまでも
きみを初めて抱きしめた今日の事を忘れません。

私の家族になってくれて 産まれてきてくれてありがとう。

(出典:わんちゃんホンポ ※一部抜粋し転載)

いかがでしたでしょうか(泣)
私は既に泣いています(号泣)

ワンちゃんだけではなく、ペットをこよなく愛する
すべての人へ。