以前より、気にはなっていたんです。
いやー、なんか嫌な感じはしてはいたのですが。

あ、何かをお話ししていなかったですね。

そ・れ・は・
ノートPCについている「Webカメラ」です。

1213.jpg

SkypeやFacetime等、確かにお互いの顔を映しながら
リアルタイムに対面で話ができたりするのは便利ですよねー。
それは、理解しているのですが。

しかしながら、私自身は、一度も使った事がないんですよ(笑)
まったく使用しないので、いらないんですよね。
恐らく、そのような人の方が多いんじゃないでしょうか?
(それとも私だけ?)

さて、この「Webカメラ」ですが、何が気になっているかというと、
早い話が「盗撮」です。
一度くらいは、そんな噂を聞いた事があるのではないでしょうか?

Fotolia_104442017_Subscription_Monthly_M.jpg

私も、聞いた事がありつつ、でもそんなに気にする事ないんじゃないか、
と、そう思っていたのです。

ところが、IT系の友人がマジな顔で
「ノートPCのWebカメラはやばいぞ。シールで塞いだほうがいい。俺はそうしている。」
と衝撃の告白をされました。

Fotolia_67874096_Subscription_Monthly_M.jpg

結構、できるヤツなので、それはマジだと思いまして、遅まきながら、
私もマイPCの「Webカメラ」をシールで塞ぐ事にいたしました。

そして、その直後、こんな記事を見つけました!

FBI局長曰く、誰もがWebカメラをテープで
ふさいでプライバシーを守るべきだ

ストーリー by headless 2016年09月18日 11時34分自力 部門より
http://security.srad.jp/story/16/09/18/012214/
(以下転載)

個人用ノートPCのWebカメラをテープでふさいでいる米連邦捜査局(FBI)局長のジェームズ・コミー氏が、自分と同じように誰もがWebカメラをテープでふさいでプライバシーを守るべきとの考えを示している(The Hillの記事、 The Next Webの記事、 Ars Technicaの記事、 Neowinの記事)。 

4月にコミー氏は、個人用ノートPCのWebカメラをテープでふさいでいることを明らかにした。しかし、IT企業にバックドア設置を求めるFBI局長でも自分のプライバシーは心配していることを皮肉に感じた人も多く、ずいぶんからかわれたらしい。 

第10回目となる国家安全保障に関するカンファレンス「National Security Division at 10」で基調講演をしたコミー氏は、Webカメラのテープについて質問される。これに対しコミー氏は、FBIの局長が個人的なセキュリティを気にするのはおかしなことではなく、人々は自身の安全やセキュリティに責任を持つべきだと答えている。 

コミー氏によると、Webカメラをテープでふさぐのは、車をロックしたり、ドアに鍵をかけたりするのと同様、誰もがすべき常識ある対応の一つだという。また、政府機関で使用するPCではすべてWebカメラがふさがれているとし、無断でのぞき見されないようにすることは良いことだとも述べている。
(以上、転載終了)

ありゃりゃりゃ・・・。
盗聴する側の組織(苦笑)であるFBI局長が、こんな発言をしているんですね。
「ドアに鍵をかけたりするのと同様」という表現が、妙に納得ですね。

ちなみに私は、スマホの自分側のカメラもシールで塞ぎました(笑)
まあ、念のためです。

ご参考になりましたら幸いでございます。

AD

カメラハッキング・盗撮ウィルス対策 カメラ目隠しシール
100%ブラックアウト カット済

価格: ¥ 780
Amazon