さて、何が飛び出してくるのでしょうか!?
何がって?

どうやら、NASAが火星で何かを発見したみたいで、日本時間で明日29日(火)午前0時半より、特別会見を開く事になっているようです。

563748ec.jpg

ちょっとワクワクしますが、過去に肩すかし的な会見があったのも事実ですので、どのような話が出てくるのか。
まあ、それでも楽しみなんですよねぇ(苦笑)

「火星のなぞを解明」 NASAが特別会見へ
CNN 2015.09.27 Sun posted at 09:55 JST
http://www.cnn.co.jp/fringe/35071010.html
(以下転載)

curiosity-mars-rover-0815-exlarge-169.jpg
火星探査機「キュリオシティ」の「自撮り」写真。複数の写真を合成して作成=NASA

(CNN) 米航空宇宙局(NASA)は米東部時間の28日午前11時30分(日本時間29日午前0時30分)から特別記者会見を開き、火星に関する「重要な科学的発見」を発表する。

会見の模様は専門チャンネル「NASAテレビ」と公式ウェブサイトを通し、ライブで公開する。

NASAがソーシャルメディア上で特別会見を予告したのに対し、「火星人が見つかったのか」などと期待するツイートが殺到した。近く公開される米SF映画「オデッセイ」で火星に取り残される架空の宇宙飛行士、マーク・ワトニーが見つかったのではないか、とのジョークも飛び出した。

一方では「宇宙人発見と思わせておいて、実際には石か何かの話だろう」と、さめた声も上がっている。

NASAはこれまでの探査で、火星にはかつて生命に適した環境があったと結論付け、現在もどこかに生命が残っているかどうかを調べている。

marssdlkfs.jpg
火星で重大な発見が?=NASA/JPL

特別会見にはNASAの惑星科学部門を率いるジム・グリーン氏と、火星探査計画の主任科学者マイケル・メイヤー氏らが出席する。会見中はツイッターを通して質問を受け付ける予定だ。

NASAは過去にも何度か特別会見を開いている。今年7月の会見では太陽とよく似た恒星系の生命居住可能圏(ハビタブルゾーン)内に、地球とほぼ同じサイズの惑星が初めて見つかったと発表した。

NASAは2030年代までに人類を火星へ送ることを目標に、長期にわたる有人飛行を実現するための研究を進めている。

(以上、転載終了)

「NASAテレビ」
https://www.nasa.gov/multimedia/nasatv/index.html

NASA公式ウェブサイト
https://www.nasa.gov/

NASA公式Twitter
https://twitter.com/NASA

遂に宇宙人を発見!という内容を期待したいところですが、そこまでは流石にないか(笑)

ここ最近、火星に纏わるニュースが多かったと感じてましたので、何か本当に「重要な科学的発見」が飛び出してくることを期待しています!

▽ここ最近の火星に纏わるニュース

火星にトカゲや巨大ガニ? 「目撃情報」が続々
http://www.cnn.co.jp/fringe/35069669.html

火星で“宙に浮くスプーン”見つかる?
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1509/03/news102.html

イーロン・マスク「火星を暖めるには? 核兵器で爆破すればいいんじゃないですかね」
http://www.gizmodo.jp/2015/09/post_18273.html

火星で雪が降る 
http://jp.sputniknews.com/science/20150916/903617.html

NASA、火星写真にサソリのようなもの?
http://www.xinhuaxia.jp/social/80723


火星占星術講座
~火星エネルギーを使いこなして人生を元気にする~

¥ 2,354 通常配送無料
Amazon