おめでとうございます。
あなたは、この特別枠の先着10名様の中に入る事が出来ました。

本日、諸般の事情により、
この記事をご覧いただけるのは先着10名様までと
させていただいております。

今回は、マル秘的な内容になります。

ご覧いただく際は、周りに人がいないかどうか、
十分にご注意をいただき、必ずお一人でご覧いただけますよう
お願いいたします。

それでは、お待たせいたしました。
続きをどうぞお楽しみください。


・・・
なんて、そんな事はありません(苦笑)

ごめんなさい。

決して騙すようなことで、
このようなことをしている訳ではありません。
お許しください。

今回、なぜ、こんな事をしたのかというと、
これには訳があります。

この内容って、どこかでみたことがありませんか?

|「限定」の威力

実は、これはコピーライティングと呼ばれている手法のひとつです。
飲食店などで、よくみかける「限定」とかで使われている内容なんです。

たまたま入ったお店で、何を食べようか迷っているときに、

【本日限定】
あの人気メニューがいまだけ復活!
先着10名様まで。

こんな感じで書かれていたメニューがあったら、

「あ、今日しか食べれないんだ。」
だったら、私はこれにするわ。」
「ボクも、せっかくだから、これにしよう。」

こんな感じに想ってしまい、
他のメニューと比べて「若干高い」としても、
これを注文する人が多いのではないでしょうか?

何が言いたいのかと申しますと、
このようなメニューって、
たいがいは「お店が売りたい」メニューだったりします(笑)

ようするに「お店にとってオイシイ」メニューなんです。

もちろん、だからといって、そのメニューが不味かったら
どうにもなりませんが(苦笑)

そして、そのメニューを頼むお客様側も、
自分に対して「言い訳」をしているんですね。

「ちょっと高いけど、限定だから、いいよね。」
今日しか食べれないみたいだから、せっかくだし。」

こんな感じで、自分に対して「言い訳」をしているんです。

|もちろん悪用厳禁です!

これは、実際に私の友人が経営している和食レストランで
やっている内容です。

友人である店長曰く、
「今日は、いい食材が安く入手できたから、
 これで「限定メニュー」を作っちゃおう♪」
だそうです・・・。

あ、一応、言い訳ですが、
この店長、腕は確かなので、味は間違いありません。
とても美味しいです(・・・フォロー)

まあ、きちんといい食材を使ってもいますので、
良心的といえると思います(ナイスフォロー!)

うーん、
まあ、私は、店長にオススメのメニューを
いつも作ってもらっていますが(本音)

こんな感じで、「限定」というものを
あなたのビジネスでも活用すると、
よい方向にいくのではないでしょうか?

今日は少し、いつもとは違った趣で、
記事をご紹介してみました。

追伸:
ちなみに当ブログは、
いつでも、あなたにお越しいただくのは大歓迎です!
ご安心ください。