当ブログでも何度か記事にしている「人工地震」についてですが、

・都市伝説の類
・陰謀論的な噂
・非現実的

懐疑的な意見が多いですね。

しかしながら、先日の北朝鮮の核実験で起きた「人工地震」で明らかなように、現実に「人工地震」が発生しているという事実があるのです。
ちなみに「人工地震」「自然地震」では、明らかに波形異なります

jishinhakei.jpeg

尚、この時は親切丁寧に「気象庁」の担当者が、TVで解説をされています。
と、いう事は、気象庁は「人工地震」「自然地震」の区別がつくのですね。

20160106202456.jpg

ちなみに、この北朝鮮での核実験で発生した「人工地震」の波形と「某地震」の地震波形が似ていると感じるのは、私だけでしょうか?

jijihfzsi.jpeg

ところで、我が国、日本でも、1992年頃までは、新聞(一般紙)で堂々と「人工地震」に関する報道がされていたという事はご存知でしょうか?

1956年12月5日付 読売新聞
20110406094218059.jpg

1957年8月26日付 読売新聞
o0709078411926232498.jpg

1984年3月12日付 読売新聞
19840312-1.jpg

この通り、「人工地震」という技術は、既に実現可能なものなのです。

また、米ソ冷戦時代の1976年に「ENMOD」という「環境兵器の使用禁止条約」というものが、国連で採択され、1978年に発効となっている事実があります。
そして、我が国、日本もこの条約に「加入」しています。

この条約の背景としては、米ソによる「人工地震兵器」の開発競争激化によるものといわれており、それを抑制させる事が狙いだったといわれております。

1957年9月7日付 読売新聞
o0568061111926232497.jpg

1975年6月20日 読売新聞
2011040609461296d.jpg

この「ENMOD」とは「環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約」の英略称です。日本語での略称は「環境改変技術敵対的使用禁止条約」
また、通称「環境改変兵器禁止条約」と呼ばれています。

尚、詳しい内容を知りたい方はこちらをご参照いただければと思います。

環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約
(ウィキペディア)
http://bit.ly/2cICySZ

さて、最後にこんな動画をご紹介いたします。
この動画の中には、国会浜田政務官(当時)が発言したものがあります。

また、この動画の中では、世界初のライザー式科学掘削船「ちきゅう」乗組員による「人工地震」に関する発言もみられます。

これでも、まだ、「人工地震」を起こす事はできない、「人工地震兵器」は有り得ないと言い切る事ができますでしょうか?

もしかしたら、私たちの知らない何処かの国で「人工地震兵器」を使用した攻撃準備が進んでいるのかもしれません・・・。

AD