本日、5月6日(水)振替休日でカレンダー上では赤く色付けされている日です。
やはり、何事もなく、一日が終わりそうですね。
よかったです。

しかしながら、箱根山の状況は、心配ですね・・・。

小規模噴火の可能性 箱根山に火口周辺警報
NHK 5月6日 18時06分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150506/k10010071391000.html
(以下転載)

sfavw

火山活動が活発になっている神奈川県の箱根山について、気象庁は6日、大涌谷周辺に影響を及ぼす小規模な噴火が起きる可能性があるとして、火口周辺警報を発表しました。気象庁は、大涌谷周辺では、噴火に伴う噴石などに警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと、箱根山では先月26日以降、大涌谷付近から神山付近の地下の浅いところを震源とする規模の小さな火山性地震が増えています。

6日は神奈川県箱根町湯本で、震度1の揺れを観測する地震が合わせて3回発生し、このうち5日夜の地震は震源がこれまでよりやや深いところで起きました。気象庁は、地下の深くで高温の火山ガスなどが上がり始めるなど、これまでの火山活動と異なる現象が起きている可能性があり、今後、大涌谷周辺に影響を及ぼす小規模な噴火が起きるおそれがあるとして、6日、箱根山に、火口周辺警報を発表し、噴火警戒レベルを「レベル1」から「レベル2」に引き上げました。

その後のヘリコプターによる上空からの観測では、大涌谷にある温泉用の設備の1か所で、蒸気が勢いよく噴き出している様子が引き続き確認されたほか、箱根山の周辺に設置されている傾斜計では、先月下旬から地震活動に伴って山が膨らむ傾向を示す地殻変動が観測されています。

気象庁は、大涌谷周辺では小規模な噴火に伴う噴石などに警戒するとともに、自治体などの指示に従って危険な場所に立ち入らないよう呼びかけています。

警報と噴火警戒レベル

気象庁は、火山活動の状況に応じて周辺の住民や登山者などに警戒を呼びかけるため、「火口周辺警報」と「噴火警報」という2つの警報を発表します。6日、箱根山に発表された「火口周辺警報」は、火口周辺に影響があるような小規模な噴火が発生するか、発生するおそれがある際に出され、「噴火警報」は火山周辺の住民が避難の準備を進めたり、避難したりする必要があるときに発表されます。
また、全国30の火山では、警報と同時により具体的な対応を示す「噴火警戒レベル」という情報が合わせて発表されます。「噴火警戒レベル」は「レベル1」から「5」まで5段階に分かれ、火山活動の変化に応じて、引き上げられたり、引き下げられたりします。火山の活動が高まり、「火口周辺警報」を発表する際には「火口周辺への立ち入り規制」を示す「レベル2」か、「入山規制」を示す「レベル3」のいずれかに引き上げられます。さらに火山活動が活発化して「噴火警報」を発表する際は、避難の準備や高齢者などの早めの避難が必要なことを示す「レベル4」か、住民が直ちに避難すべき非常に危険な状況を示す「レベル5」のいずれかに引き上げられます。
現在、「レベル4」や「5」の火山はありませんが、「レベル3」は、長野と岐阜の県境にある御嶽山と、鹿児島県の桜島と口永良部島の合わせて3つの火山に出ています。箱根山と同じ「レベル2」は、福島と山形の県境にある吾妻山、群馬県の草津白根山、伊豆諸島の三宅島、熊本県の阿蘇山、宮崎と鹿児島の県境にある霧島連山の新燃岳、鹿児島県の諏訪之瀬島の合わせて7つの火山に出ています。また噴火警戒レベルが導入されていない宮城と山形の県境にある「蔵王山」には、火口周辺警報が発表されています。

観測された地震は1000回超

箱根山は複数の溶岩ドームからなるカルデラ火山で、最も高い神山は標高が1438メートルあります。
気象庁によりますと、12世紀後半から13世紀ごろに水蒸気爆発が起きて以降は噴火の記録はありませんが、これまでにも群発地震や噴気活動などが活発になる状態が繰り返し起きています。
14年前の平成13年には2か月余りの間に体に感じない地震を含め、1万4000回近くの地震が発生し、山が膨らむ地殻変動が観測されたほか、温泉水が吹き出したり、火山ガスが増えたりしました。
また、4年前の東日本大震災を引き起こした巨大地震の直後にも大涌谷周辺で一時的に地震活動が活発になりました。
箱根山では、先月26日の午後から大涌谷から神山付近の地下の浅い場所を震源とする規模の小さな火山性の地震が増えています。
神奈川県温泉地学研究所の観測では、体に感じない地震を含めて先月26日に102回、27日に84回、28日には146回に達しました。
その後、先月29日は59回、30日は23回、今月1日は34回でしたが、今月2日は100回、3日は98回、4日は148回に増加しました。
5日は、火山性地震が226回と、一連の地震活動で最も多くなったほか、気象庁の観測では、箱根町湯本などで、震度1の揺れを感じる地震が、午前と午後に合わせて3回発生しました。6日午後6時までに38回の火山性地震が発生し、一連の活動で観測された地震の回数は1000回を超えています。

(以上、転載終了)

もし、箱根山が噴火をし、その噴火が大規模であった場合、大変な被害を及ぼすといわれております。実は、箱根山は、富士山以上の爆発力があるといわれている山なのです。

newsplus_1430833475_44707s

過去、箱根山の最大噴火といわれる約66000年前の大規模噴火では、火砕流が横浜まで達していたことが判明しております。そして、火山灰が大量に噴出し、東京で約20cm、横浜で約40cm、平塚で100cm、そして近隣の小田原では、なんと400cmにも達した事が分かっています。これがどれほどの爆発であったのかは、想像に絶します。

この時期に火山が爆発した場合、夏が冷夏になるなど天候に影響が出てくる可能性があります。その場合、農作物、特に私たちの主食であるお米が不足するという事態にもなりかねません。

そういえば、こんなニュースがありました。

三重・桑名市で上げ馬神事、初日成功せずは23年ぶり
TBS NEWSi 2015年5月5日00:41
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2484928.html
(以下転載)

fsiasf

ゴールデン・ウイークも5日まで。みどりの日の4日、観光地は家族連れで賑わいました。三重県の桑名市では、恒例の上げ馬神事が行われました。
 あいにくの雨、ぬかるんだ中で行われました。三重県桑名市の多度大社、恒例の上げ馬神事。武者姿に扮した若者が馬で坂を駆け上がり、およそ2メートルの土の壁を乗り越えられるかどうかで、1年の農作物の出来や景気を占います。
 16歳から21歳の6人が馬にまたがり次々にスタートしましたが、雨の影響か、初日の4日は12頭中、1頭も上がることができず、2日間の上げ馬神事で、初日に1頭も成功しなかったのは、実に23年ぶりです。

(以上、転載終了)

23年前、まあ、正確には22年前ですが、1993年、日本は記録的な冷夏に見舞われ、「平成の米騒動」と呼ばれる「米不足」が起こった事があります。
1年違いではありますが、1992年、今回同様に「上げ馬神事」は、成功しなかったようです。なんだか嫌な感じですね。

そういえば、知り合いの農家の人から聞いたのですが、
今年は冷夏になりそうだと仲間内では、そんな話が出ていると
いわれていたのを思い出しました。

もし冷夏になるのだとしたら、それは気象上の事なのか?
それとも火山噴火によるものなのか?

あくまでも仮の話ですが、気になるところです。


スポンサードリンク

コメントをどうぞ

CAPTCHA