久しぶりの「占い」以外の更新です。
すっかり、ご無沙汰しており、すみませんでした。

ちょっと気になる夢を視たので、シェアさせていただければと思います。

その夢は、戦争真っ只中の世界で、日本国内は戦争には直接的には巻き込まれていないものの、テロ(または敵国のスパイ?)と思しき銃撃戦が都市部を中心に散発的に発生しているような舞台でした。

私は、その銃撃戦に巻き込まれて、敵から隠れながら逃げている最中で、とある広場に差し掛かったところで、救助のヘリが待機してくれていました。

ヘリの機体には、日の丸と防衛軍という表記があり、銃を持った兵士が搭乗しておりました。

また、なんとも特徴的だったのは、そのヘリの表記された番号が「666」だった事です。

その兵士が、私にこのような説明をしてくれました。

「私は陸上防衛軍、特殊救助隊ミロクの!$%少尉です。(名前は覚えていない)」
「敵がすぐ近くまで侵攻(?)してきているので、一旦、ここを離れるように指令が出ています。」

特殊部隊ミロク?弥勒?
あー、だから666なのか~。

と、夢の中で妙な納得をしていたのを記憶しております。

俗に「666」は悪魔の数字と言われていますが、もしかすると救世主の数字なのかもしれません。

なんとなく、そんな事を感じた夢でした。

一般的には不吉と言われている「13」という数字が、実は聖なるパワー数であるという事実もあり、同じように「666」は、悪魔の数字ではなく、救世主の数字なのかもしれません。

そういえば、弥勒菩薩像の手が6を指しているようにもみえます。

miroku.jpeg

数字の「6」にみえませんか?

一般的に言われている常識というものを、一旦、疑ってみる必要があるのではないか?

この夢を視た後に、そんな事を考えてみた次第です。

皆様はどう思われますか?

AD

参考価格: ¥ 7,598
価格: ¥ 3,663  通常配送無料
OFF: ¥ 3,936 (52%)
Amazon